冒険者日記

TRPG冒険仲間達の徒然日記

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書

2011-05-16-Mon-14:23
記帳者:みるら

なんだか気温30度超も目前になってきましたねぇ……。
暑いのほんと苦手なんですよ。汗かくのがイヤ。
せめて今年は猛暑になりませんように~><;

と時候の挨拶はさておき。
TRPG仲間より勧められた本とかサイトとかがいろいろあります。
昨日のセッションの際に「まおゆう」をお借りしました。
有名らしいんですが、最近ネットがゆっくりできるような時間がない。
チェック漏れまくりorz
正式名称(?)は『魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」』ですね。
内容についてはまだ読み始めたばかりなのと、有名なんで皆知ってるかもと、
これから読む人にはネタバレしてはいけないので割愛。

「正義(勇者)が悪(魔王)を倒して平和になるなんて、しょせん夢。」
ですよねぇ~と相槌うっちゃう。
でも、ゲームとしてシナリオを作るにあたって、PC達と利害が一致しないもの、
対立するものを出さねば成立しない(そうでない場合もあるけど)。
ゲームの世界観的に絶対的な「敵」(倒すのが目的)があればいいんですが、
どっこい『SWRPG2.0』は、敵っぽい蛮族もうっかりすると微妙な存在に。
(まぁ、討伐シナリオでヴァンパイア倒せ~とかなら分かりやすいけど。)
PC達にいろいろ考えてもらおうとかって敵の背景やらを考えはじめると、
勧善懲悪シナリオはできない。つか善と悪って何指すの? って。
いや、こんなことは古今東西のGM様たちはいつも考えてるか。
そういう小説やらもまぁいくらでもありますけども。
「まおゆう」もその中のひとつではありますが、これは背景と展開が斬新。
個人的にはツボです。最初の方に出てきた青年商人のその後が気になるぞ!

自分が参加してた「魔道都市に~」キャンペも、人族と蛮族の関係がテーマに
なっていましたね。自分のキャラは人間だったので結構ロールに悩んだ~。
『SWRPG2.0』は「穢れ」という概念からくる差別や迫害が割とメインにあるけど、
いやいや、存外重たいテーマを扱ってるゲームだこと。
人族PCで蛮族討つべしなのは比較的やりやすいけど、蛮族PCやるとなると、
基本は人族PTに入るようになるのでロールが難しいよなぁ……。
いやまぁ、蛮族PCでPT作って、人族PCがそこに肩身狭く居るってセッションも
やってる人たちはいそうだけれど。ただ、商業リプレイでは見たことないかな。
(「ミストキャッスル」で味わうことはできそうだが。)
あとは「悲劇のヒロイン」「不遇のヒーロー」みたいなものも、物語的には
かっこいい、魅せるというのもあるのが否めない。
さてさて、自分のキャンペはどこにテーマを持っていくかなぁ。
なかなかにシナリオ作成には悩みますなぁ。脳みそフル回転。
まぁ、一番の目的は楽しんでもらうことなんでそこを忘れたらいかんですが。
終わった後で充実感を味わってもらえるような、そんな話を紡ぎたいものです。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。