冒険者日記

TRPG冒険仲間達の徒然日記

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15LV

2010-01-17-Sun-17:22
記帳者:ナリタ

201001171702000.jpg


Role&Roll vol64 にて15LVセッションリプレイが掲載されとります

レギュレーションは追加経験点180000、名誉点3000、所持金360000、成長120回というもの

もう無茶句茶です
スポンサーサイト

新年2回目セッション ○○END

2010-01-04-Mon-23:09
記帳者:ナリタ

本日は今年2回目のセッションでした
システムは六門世界2rdで5LVという中々の高レベルスタートです。

・・・でシナリオ

竜を崇める村まで儀式に必要な荷物を届ける依頼を受けた一行
村に付いてみると村が謎の地底人に襲撃されて村の大切な3つの竜の卵が奪われていた
・・・・・とそこに村の守護者たる竜王様が降臨、ポイズンジャイアント(巨人のゾンビ)やスケルトンを使役していたパーティは襲撃者と勘違いされてブレスの洗礼を受けました。

何とかブレスを凌ぎ誤解を解いた一行はマジックアイテムを貸してもらい竜の卵奪還のため地底に突入・・・したいのだが、ジャイアントが地底に潜れるサイズではなかったため穴を広げて無理やり侵入、隠密行動もへったくれももない力技です。

地底人は巨大な地蟲(アースウォーム)を崇めるコボルド、ドワーフ、トロールの集団と判明、最大級に成長した地蟲は竜王にも劣らない強力なモンスターである。

地底人どもをジャイアントで駆逐して進む一行はドワーフの調理場を見つけ、そこで竜王の卵の殻とスクランブルエッグを発見・・・・・手遅れでした

それでもめげずに捜索を続け調理中の卵と祭壇に捧げられた卵を見つけて回収、最大級に成長した地蟲も見つけました。

スクランブルエッグを持って帰るとブチ切れ竜王と戦闘になる可能性が高いと分かり悩んでいた一行は、地蟲を倒せば復活のアイテムが手に入る可能性がある(確定ではない)ことが分かった・・・・が、だったら竜王を倒した方がよいという結論に至り打倒竜王という方向へと向かっていきました。・・・竜王倒せばアイテム返す必要はなく卵も俺らのものだ!!

もしかしたら戦闘を回避で入るかも・・・と2つの卵とスクランブルエッグを詰め卵の殻を持って竜王の元にいき、魔法を用いれば卵を復活させる事も可能と説明・・・・したけど無理でした。一番の理由は味見してた事がばれたからですけどね。

で、竜王と戦闘・・・・・・いいところまで追い詰めましたが力が及ばず全滅
そんなわけで久々の“全滅END” 全滅したとはいえとても面白い新年2回目のセッションでした。

★2010年★

2010-01-03-Sun-23:56
記帳者:みるら

TRPG初めの模様

あけましておめでとうございま~す!
今年もTRPGが生活の一部でありますように。。。

予告通り1月2日に、Daydream様でセッションしてまいりました。
今回は「T&T 第7版」です。
じつは「T&T」、学生時代は一番プレイ時間が長かったシステムです。
結構、ハウスルール適用してはいましたけども。
その頃(だいぶ昔)は第5版の文庫版だったわけですが……
違いはWikiとか、あと解説してくれているブログ見つけましたので参照。
http://d.hatena.ne.jp/gginc/20070401/1190011955

さて、どれくらい変わったもんかのぅ~と思って挑みました。
とりあえず不慣れなシステムで魔術師とかやるのは大変だろうから
自分が魔術師やるぜ! と引き受けてはみたものの。
1レベルじゃぁ「SWRPG2.0」のマイキャラであるリューンよりも
魔法撃てる回数がありません……まぁ仕方ないか。
結果から言うと、PTにいたホブ(ホビット)のローグがものすごく優秀で、
サクサクとダンジョンを快進撃!
あと戦士(人間)、魔術師(人間←自分)とNPCの達人(人間)という
パーティー構成でしたが、戦闘も危なげなくクリア。
ファンブルも少なかったし、いざってときのSRもみんな出目がいい!
なんというラッキーパーティー!
いままでやった中で一番安定感のあるメンバーでしたw
しかし、久しぶりにダイスたくさん振りました。
ああ、なつかしの10ダイスソードよw

写真は、新年特別ということで甘酒かおしるこをいただけるという
ステキなプレゼントがDaydream様から!
さっそく写真撮影してしまいましたw
自分以外はみんなおしることか! 正月なら甘酒だよ!!
美味しくいただきました、ゴチソウサマ☆
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。